密着!高クオリティーな製品を生み出す方法

カメラ製品には不可欠な会社

高品質のレンズを作り出す基本原理

カメラなどに使われている「レンズ」で有名なのが、新亜光学工業㈱です。
レンズ部門に優れている理由を見ていきましょう。
そもそもカメラの基本原理を簡単に説明すると、人間の眼は、物体の形をダイレクトに認識しているのではなく、物体に反射した光を受け取って形として捉えています。
暗闇で、物体が見えなくなるのは、物体が消えてしまったのではなく、物体から反射する光が眼まで届かないことから、物体として認識ができなくなるということです。
少し難しくなりますが、人間の眼は、受け取った光を眼球内部で反射させ、水晶体の働きにより物体までの距離を認識することができます。
これが、ピントを合わせるということになり、物体の正式な大きさを把握できるのです。
新亜光学工業㈱では、人間の眼に、より近い高性能のカメラレンズの開発に取り組んでいます。
光学のスペシャリストによって、高性能なカメラのレンズが私たちの手元にも届いています。

新亜光学工業㈱はずっと追及する

新亜光学工業㈱は、市販されているカメラのレンズから、業務用の高性能カメラレンズ、その他にも光学の幅広い分野の製品を開発し、生産しています。
特にシェアの多いレンズ部門では、カメラがしっかりと被写体をおさめ、撮影するために不可欠なものであり、レンズの性能が、カメラのスペックを決めるとも言えるため、専門性の高いスペシャリストが請け負っています。
また、製造部分に留まらず、輸送工程にも力を入れています。
それは、どんなに高性能なレンズを作っても、輸送工程で傷がついてしまったりすれば、商品価値はもちろん、製品機能もなくなるからです。
輸送先が、国内であれ、海外であれ、また、振動だけでなく、温度変化にも対応して、万全な輸送システムを構築しています。
これは、レンズという製品のクオリティだけでなく、万全な輸送システムも取引先に評価されている1つのようです。
新亜光学工業㈱は、多岐にわたり、追及をし続けています。